« 東風闘技場 | トップページ | 残留 »

2008年3月12日 (水)

石崎洋プロ

 今日もAⅠに参戦。12戦のうち、なんと3回も石崎洋プロ本人と同卓することができた。石崎プロ本人とは、過去にも対戦経験があり、その時は幸運にも倒すことが出来たが、そう何度も倒せるわけもなく、今日は上手く逃げられてしまった。

 本日の戦跡は±0。現在、今期東風+14個。東風ランカーからは陥落してしまったが、まだまだ勝負はこれから。

 
 今日は僭越ながらトナメの打ち筋について書かせて頂きます。

 トナメでptを叩き出すためには、点棒よりも着順によるptが大事となる。つまり、大きなトップよりは、確実に決勝戦まで勝ち進むことを優先する。

 私の通算成績は、下記の通り。
ドラ使用率:151%
平均和了率:22%
平均和了翻:3.52
振込率:13.8%

 属性は朱雀であるが、実際の打ち筋は白虎に近い。この本来の打ち方だと、半荘では通用するが、トナメAリーグでは勝つことが出来ないのである。

 その理由は、スピードの問題である。トナメでは周りも2着以上を狙ってくるため、必然的に和了が軽くて早い。最短4局で終わってしまう東風において、和了率22%では、何もせずに終わってしまうことが多々ある。

 そこで、トナメでは和了率を25%以上、つまり東風で必ず一度は和了することを目指すこととなる。たとえ1,000点でも、その和了により相手の手を殺し、2着を確保できる可能性が高くなるのである。

 トナメを打っている最近の成績は、下記の通り。
ドラ使用率:140%
平均和了率:25%
平均和了翻:3.29
振込率:12.2%

 立直は基本的にかけません。また、じっくりと打ちたい配牌であっても、3,900前後の早い和了を目指すことでAリーグの猛者と戦っています。

 皆様のご参考になれば幸いです。

20080312_1921_000

« 東風闘技場 | トップページ | 残留 »

麻雀:日記」カテゴリの記事

コメント

なるほど・・・。

通算成績では管理人さんと遜色ないのですが(試行回数が圧倒的に少ないですが)
ドラ使用率:151.16%
平均和了率:23.23%
平均和了翻:3.5
振込率:14.1%

トナメとなると
ドラ使用率:151.68%
平均和了率:21.78%
平均和了翻:3.45
振込率:14.69%

和了率と振込率かぁ。
確かにA2リーグであたる猛者達は「ちょっと勿体無くね?」な和了でキレイに逃げていくなよぁ。
和了れる3900より和了れない満貫という風に和了に少しロマンを求めてしまう自分には向かないのかも・・・。
MFCはガッチリ守って我慢すればなんとかなるとは思っていましたがトナメは見切り千両、スピード重視ですね。
予想を上回るスピードでみんな和了ってくるので振込率も多いと。
この辺のバランス感覚だな。

あ、長々とスミマセン。
ちょっと浸っちゃいました。
参考にさせてもらいます。

>えんぼうさん
参考になりましたでしょうか。

>和了れる3,900より和了れない満貫
とても共感します。私もリアル麻雀(半荘)を打つときは、同じ感覚です。長い間トナメを打ち続けている間に、感化されてしまったのかもしれません。

やはりトナメは異質ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東風闘技場 | トップページ | 残留 »