« 裸の地獄 | トップページ | 勇み足 »

2009年12月17日 (木)

転生ならず

 東北地方では大雪のようだ。スキー場関係者にとっては嬉しい知らせなのであろうが、雪国で暮らす皆様にとっては大変な1日であったことだろう。くれぐれも事故等にはお気をつけ下さいませ。

 さて、年末調整の作業も順調に進み、無事に新年を迎えられそうだ。定時過ぎにPCが動かなくなったことを理由に、そそくさと事務所を出て、寒い道玄坂を下っていく。

 いつものR店に到着。新筐体は埋まっていたため、旧筐体の角台に腰を下ろし、半荘Sリーグに参戦。

 まずは2戦して、

 3.2

 久しぶりにダブロンを喰らってしまった。ツモればハネ満の手で、掴んだ⑧を睨み付けながら長考ボタンを押す。

 「本線だとわかっていても、男には引けない勝負所!」

 一人でブツブツ言いながら、⑧をツモ切って勝負に行ったら、ドカン。完全な安牌が6枚もあっただけに、悔やまれる一手と相成った。

 この時点で真龍の試練を終え、真龍クライマックスへ突入。与えられたチャンスは前回と同じく3回。

 炎で卓が包まれる。初の転生まで、あと一勝。気合を入れてコンテニュー。


 クライマックス初戦。トップを意識しすぎたのか、ここまで堅く打ってきたというのに、細かな振込みが続いてしまい、追い討ちをかけるように他家のツモラッシュ。オーラスで3着まで14,800点差のビリ。

 狙うは当然ハネ満ツモ以上。配牌はバラバラであったが、嘘のように対子が増え、なんと6巡目に七対子テンパイ。浮いたドラの一萬単騎で即立直。ツモればハネ萬で最下位脱出だ。

 じりじりと場は進み、3着目の対面だけが勝負している様子。中盤で対面が長考後に立直。横になった牌はドラの一萬。してやったり。裏は乗らなかったが、満貫直撃のデバサイだ。

 なんとか3着に浮上して、クライマックス2戦目に望みを繋いだ。

 
 クライマックス2戦目。またもやトップを強く意識しすぎ、下手な振込みが目立つ。今回は、勝負手も軽く他家に流されてしまい、終わってみれば見せ場も無く最下位で終了。


 2度目のクライマックス進出も、転生することはできなかった。残念。

 今日の反省点を挙げるとすれば、上述したようにトップを狙い過ぎた。堅く打つ必要性が身に染みてくる。

 もう転生を狙うことは辞めよう。単に卓が燃えているだけだと考えることとした。

【本日の戦績】
真珠-2
黄珠-4
CS-67,400

真珠累計5個
黄珠累計715個

Nec_0263

« 裸の地獄 | トップページ | 勇み足 »

麻雀:日記」カテゴリの記事

コメント

いつも通りに打つことの難しさが

身に染みますね(^^

最近まではトライアスロンをメインで打ってましたが

平均したポイントを出すのが難しいです(^^;

特に半荘から三麻に移った時は変な錯覚を

感じます!(笑)

開発者にもの申すなら、転生にもう少しメリットをつけて欲しかった。

我龍をやる上で転生を全く無視しても良いのですが、それでは真龍システム自体を否定しているような気もして、どこか虚しい感じがします。

基本的には真龍オーブ数で競わせて、転生回数を真龍オーブに変換できるシステムにしておけばよかったのにw。

ところで、R店に新筐体なんてありましたっけ?

>ふずふずさん、マッキーさん
こんにちは。

>ふずふずさん
勝ちたい欲が強すぎると、
なかなか普段通りに打てなくなりますね^^;

狙わないようにすれば、いつかは転生できる気がしますので、
ゆっくり頑張ります!

>マッキーさん
転生を無視しているわけではないですよ^^;

私の経験上、無理してトップを狙うと結果が良くないので、
いつも通りに堅く打つ決意表明のつもりで本文を書きました。

R店には2台だけ新筐体がありますよ!
MJの隣にひっそりと(笑)

こんばんは♪

その燃えてる卓が以外にプレッシャーですよね(^^;
真龍オーブを持つようになると、気持ち的に黄龍オーブが
四神オーブ的な扱いになってしまうのが怖いです・・

>りなりんさん
こんにちは。

卓が燃えてると落ち着かないですよね^^;
変に緊張してしまいます(笑)

ランカー争いと無縁な私にとって、
黄龍オーブは日々価値が低くなっています。
ちょっと悲しいですね・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裸の地獄 | トップページ | 勇み足 »