« 名古屋旅2012③ | トップページ | 振り返り »

2013年7月21日 (日)

墓参り

7月20日(土)晴れ

 仕事は休みだが、いつもと同じ時間にケータイの目覚ましが鳴り響く。先週の猛暑が嘘のように爽やかな土曜日の朝。

 今日は母と祖母を連れての墓参り。片道2時間の小旅行だ。いつもの準備を済ませ、ぶどうパンをコーヒーで流し込み、乗り慣れてきた愛車の後部座席に母と祖母を乗せ、出発進行。

 保土ヶ谷バイパスから東名高速に乗るが、横浜町田ICから厚木ICまで渋滞が続いている。学校も夏休みに入ったことだし、家族連れで旅行へ行く人が多いのであろうか。

 中井PAで休憩し、大井松田ICで高速道路とサヨナラし、246号を西へと下っていく。途中、2輌編成の電車と併走。世界の車窓からのBGMを脳内で再生させながら、ひたすら山道を走り続ける。

 出発してから2時間強。ようやく目的の霊園へと到着した。標高が高いため、空気がひんやりしていて気持ちが良い。

 まずは父が眠る墓へと到着。花を供え、線香をあげ、墓石に水をかける。手を合わせた母が墓石に向かって声を掛ける。

 『お父さん、誕生日おめでとう!』

 そう、今日7月20日は父の誕生日。もし生きていれば72歳の年男だ。墓参りと言えば、お盆や命日等にするものなのであろうが、生前の記念日や誕生日に来てもバチは当たるまい。誕生日おめでとう。

 次に祖父と叔父が眠る墓へ。こちらでは祖母が墓石に向かって一言。

 『おじいちゃん、早く迎えに来てよ~!』

 この言葉を初めて聞いてから早10年が経つ。すでに風物詩と化しており、これが祖母の長生きの秘訣なのかもしれない。

 近くでランチを済ませ、帰りは渋滞もなく無事に帰宅した。昼寝をし、晩飯を食べ、ジョギングをして平和な1日が終わる。

« 名古屋旅2012③ | トップページ | 振り返り »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名古屋旅2012③ | トップページ | 振り返り »