« 振り返り | トップページ | ダブル役満 »

2013年11月 9日 (土)

旅打ち日記~長野編~

 火曜日の午後、お客様から1通のメールが届いた。詳細は書けないが、簡単に言えば誰かが長野県に行けば解決するという内容だ。

 事務所の上司に報告し、早速金曜日に小生が行くことと決定。これにて日帰りの長野出張と相成った。

 70歳を目前にする上司が私に一言。

 『せっかく行くんだから、用事が済んだら、温泉でも入ってらっしゃい。』

 ありがたいお言葉をいただき、半分仕事、半分は遊びの小旅行。せっかくだから楽しんでしまおうじゃないか。

 当日、いつものように身支度を済ませ、普段の出勤と同じ時刻に家を出る。

 横浜駅の自動券売機に少し苦戦したが、無事に新幹線のチケットを購入し、まずは東海道線で東京駅へと向かう。

 以前、赤坂見附で働いていた時に利用していた8:39発の電車だ。嫌な思い出が走馬灯のように浮かんでは消えていく。車内は、昔ほどの混雑はしていなかった。

 東京駅に到着し、長野新幹線のホームへ一直線。既に到着している車両に、まだかまだかと行列が伸びる。

 車内清掃が終わり、自由席の車両に乗り込むと、なんだガラガラじゃないか。一安心。

 窓際の席に腰を下ろし、いざ出発。流れ行く車窓の景色を楽しむ。長野県に入ると、山々は紅葉で様々に色づき、見ているだけで癒される。

 2時間程で長野駅に到着。まずは仕事を済ませる一手。地図を頼りに目的地へ向かい、2時間弱で終了。電話で上司に報告すると、

 『お疲れさん、ゆっくり遊んでおいで!』

 ということで、ここから短い小旅行。まずは信州蕎麦で腹ごしらえだ。

 事前に調べた店へ向かい、二色蕎麦に舌鼓。美味いのだが、正直に言えば、蕎麦の違いがわかる味覚を持ち合わせていない。悲しい限りだが、雰囲気を楽しめただけでも幸いだ。

 さて、腹を満たすとタバコが吸いたくなる。タバコと言えばゲーセン、ゲーセンと言えば麻雀格闘倶楽部。呆れたものだ、すれ違う人に阿呆と言われてしまいそうだ。

 恥を忍びながら、徒歩圏内のサードプラネット長野店へと向かう。事前に調べ済みというから、何をかいわんやだ。

 店内はガラガラ。麻雀格闘倶楽部の先客もいない。温かい缶コーヒーを購入し、旅の記念に店舗登録を済ませ、いつもの競技卓を2戦して、

 2.4.

 初戦はオーラス最下位から満貫ツモで2着に浮上。してやったり。

 気持ち良く次戦に臨むも、返り討ちに遭う。無念。

 さて、もう充分だ。今日のメインイベントである善光寺に行こう。

 緩やかな門前の坂道を登り、立派な山門をくぐり、善光寺に到着。参拝をし、如来像の前で手を合わせる。


 『(禁煙…したい…です、、、いや、禁煙しま…す、、)』


 ダメだ、仏様の前で優柔不断に陥ってしまった。愚の骨頂だ。己の意志の弱さに辟易しながら境内を一回りし、閉館の時間と相成った。

 参道で野沢菜入りのおやきを買い、とぼとぼと歩く。長野駅までの道中、一軒の酒屋を発見した。これも旅の儀式の一つ。

 店内に入ると、長野の日本酒がずらりと並んでいる。しっかりと酸度と日本酒度も記載されており、日本酒ファンの血が騒ぐ。

 4合瓶を2本購入。嬉しい気分で長野駅までの足取りも軽い。

 さて、帰りの時間だ。長野新幹線に乗り込み、夜空に浮かぶ三日月を見上げながら帰路についた。


Nec_0674


« 振り返り | トップページ | ダブル役満 »

麻雀:旅打ち日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 振り返り | トップページ | ダブル役満 »