« 春一番 | トップページ | 母の背中 »

2014年3月31日 (月)

消費税の影響

2014年4月1日(火)

 消費税率が5%から8%に変わる。そして1年半後には10%になる予定だ。この消費税が、愛するゲーセンを苦しめることになる。

 初めて1人でゲーセンで遊んだのは6歳の頃。今から32年前の話。

 当時、希望ヶ丘駅から徒歩5分ほどの場所に祖父母が住んでおり、週末に遊びに行くと、祖父が発行されたばかりの500円玉をくれた。ピカピカに光る500円玉を握りしめ、近くの駄菓子屋やゲーセンへと向かう。

 祖父母宅から徒歩15秒、『ミカド』というパチンコ屋の2階にゲーセンがあった。当時、自分がどんなゲームで遊んでいたのか詳しいことは忘れてしまったが、薄暗い店内で寂しく背中を丸めて遊んでいたことだけを覚えている。

 あれから32年。あのゲーセンは、とうの昔に閉店しているというのに、まだ卒業できていないのは小生だけであろうか。

 10円玉、50円玉、100円玉を握りしめ、ゲームの筐体に何枚のコインを流し込んできたのだろう。そう、今も昔もゲーセンはワンコインの文化が根付いている。この長い歴史を根底から崩そうとしているのが消費税の存在だ。

 コンビニであれば、100円の商品には消費税8円を乗っければそれでよい。しかし、愛するゲーセンでは、そうは問屋が卸さない。1ゲームごとに108円を筐体に流し込むことは無い。

 消費税の存在が無かった昭和の頃は、100円を入れれば、100円がゲーセンの取り分であった。しかし、消費税率が8%になれば、100円のうち約8円が消費税で、取り分は約92円しかない。売上高が同じであれば、昔より取り分が少くなるわけで、消費税率が上がれば上がるほどゲーセン経営は苦しくなる。

 横浜駅のゲーセンも閉店が続いている。ここ数年で、私が知る限り4店舗が店を閉じた。消費税だけが原因ではないが、昔ながらの昭和の匂いがするゲーセンは減り続ける運命なのであろう。悲しい限りだ。
 
 

« 春一番 | トップページ | 母の背中 »

ゲーセン:回顧録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春一番 | トップページ | 母の背中 »