カテゴリー「麻雀:日記」の359件の記事

2015年1月 4日 (日)

2015

 新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

 大晦日は、仲間と共に大井競馬場にて1年の締めくくり。馬券は当たらなかったが、狙っていた穴馬が見せ場を作ってくれたので、楽しむことができた。好運は他で使うことにしよう。

 その後、友人宅でおせち料理をご馳走になり、たほいやを1戦。ここでは見事に勝利を収め、有終の美を飾ることが出来た。ありがとう。

 22時頃に自宅へ戻り、ニコニコ生放送の電王戦リベンジマッチを見ながらの年越しと相成った。終局が見えずに朝4時を過ぎ、さすがに就寝。

 元日は、兄家族4人が実家へやって来た。おせち料理で日本酒を堪能。昼から飲んでいたため、19時には寝てしまった。

 2日、3日は毎年恒例で箱根駅伝をテレビ観戦。

 そして年末年始休みの最終日となる1月4日。朝から仕事へ向かう母を職場まで送迎し、一度帰宅してから横浜駅へ。

 浜虎の鶏塩そばが無性に食べたくなり、店に向かってみたが15人ほどが行列を作っていたため断念。

 こうなると困ってしまう。腹は減ったし、口はラーメンを欲している。仕方なくヨドバシカメラの地下にある清正に向かったが、こちらも行列。並んでまで食べるほどではない。

 ここも諦め、徒歩10分以上も離れている維新商店へ向かう。とくに何も考えずにテクテクと歩き、ようやく到着したが『定休日』の3文字。してやられた。

 さて困った。もう食べたい店が無い。しかし、口はラーメンを欲し続ける。岡野町方面へ移動し、八起も開いていない。辿り着いた先は、山頭火だった。

 とにかくラーメンで腹が満たされればそれでよい。黙々と食べて、お会計。

 近くのファミマでカフェラテを購入し、手を温めながら変わりゆく横浜を散策。20代の頃に使っていたバーや居酒屋が今も営業していることが確認でき、嬉しい気持ちで横浜駅中心部へと舞い戻った。

 さて、今日はブログを書くことを決めている。となれば、あのゲームを少しだけ打っていこう。

 T店へ入り、いざ麻雀。カードをかざし、100円玉を投入する。選んだモードは東風リーグ。彩の華?よくわからんが、麻雀ができればそれでよい。4戦して、

 2.3.2.4

 2戦目、ツモ四暗刻テンパイまで辿り着いたが、残念ながら流局。4戦して見せ場もなく、最後は綺麗に負かされて終了。やれやれ。

 横浜駅東口に移動。そごうで日本酒を購入し、今年も寂しい年始休みが終わろうとしている。

 最後に2015年の目標を自分のために書いておこう。

◆フルマラソン4時間53分以内でゴールする。
◆相続税の勉強を本気で始める。
◆日本酒仲間を増やす。


 

2014年7月25日 (金)

火星再来


 たまには麻雀格闘倶楽部のことについて書こう。

 いつからか麻雀格闘倶楽部の熱が冷め、それに伴いブログの更新が滞り、4年ほど経過したであろうか。

 しかし、依存症というのは怖いもので、少なくとも月に1回程度は打ち続け、現在に至っている。

 ここ3年くらいは競技卓しか打っていなかった。ライフ制で入場し、とにかく堅く打ち、安いゼニで遊ぶことに生き甲斐を感じていた。

 現在のリーグ制度のルールすら知らない2014年7月。仕事帰りにタバコが吸いたくなり、関内のM店へふらっと立ち寄った。ここは10年くらい前に狂ったように通った店だ。

 この店の最大の特徴は、ライフ制でNEXTゲームになった際、減ったライフが満タンの状態に戻って新しいゲームに入ることが出来るのだ。

 しかも、東風であれば、NEXTゲームの条件は20,000点以上。つまり、ライフ8,000を使い切らずに原点を維持することができれば、100円でずっと打ち続けることが出来るのだ。このルールが麻雀馬鹿を熱くさせる。

 若かったあの頃を思い出しながら100円玉を投入し、なんとなく東風リーグに参戦した。リーグに参戦するのは4年ぶりであろうか。ずっと放置していたため、クラスはAⅠ。

 規定対局を終え、NEXTリーグとか言うクラスに昇格するらしい。その翌週、NEXTリーグを打ち終え、懐かしい響きのSリーグに昇格した。

 久しぶりにリーグ戦を打った感想を率直に書く。


 『あの頃に似ている。』


 以前、鳳凰リーグが創設されたことにより、戦いが1ヶ月単位となった。小生のMFC熱が冷めた理由の一つである。結果的に1ヶ月は長かった。小生が最も麻雀格闘倶楽部にハマっていたMFC2。この時代は1週間単位であったため、週末は納得できるポイントが出るまで、又は、閉店まで鬼打ちし、月曜日の結果発表で一喜一憂したものだ。

 現在のルールだと、おそらく10年前の小生のように、狂ったようにゲーセンに通うファンが増えているのではないだろうか。月曜日に打ち始め、成績が悪ければ日曜日に鬼打ちをする。それの繰り返し。でもそれが楽しい。そして廃人と化す。

 まだリーグに復帰して3週間であるが、またMFC熱が再燃してしまいそうで怖い。とりあえず東風リーグだけに参戦し、ほどほどに楽しむつもりである。

2014年5月29日 (木)

北の惨劇

5月某日

 いつもより少し早くに仕事が終わり、18時頃に横浜駅へと到着した。無性にタバコが吸いたくなり、ファミマのアイスコーヒーを片手にゲーセンT店へと向かう。

 タバコに火を点け、いつもの競技卓へ。4人は集まらず、黃龍1名・プロCPU・普通のCPU・自分で闘牌開始。

 起家で始まった東1局、ベタオリで流局。親が流れた東2局に悲劇の舞台が用意されていた。

 牌が配られた直後、下家の親であるプロCPUから立直の声。切られた『東』が横を向いている。やれやれ。

 対面の黃龍は『南』、上家のCPUは『中』を切る。さて、小生の番だ。バラバラの手牌の中に字牌は2つ。現物である『東』、『南』、『中』は無く、手許にあるのは『發』と『北』。

 さあ困った。数牌を切る勇気は無く、『發』は役牌だ。消去法的に考えて、あの牌に指が伸びる。


 ・・・北・・・


 プロCPU『ロン!、ダブル立直、ドラ2』

  ※競技卓では『一発』という役は存在しません。


 競技卓では痛恨の一撃に匹敵する12,000点の放銃と相成った。おそらく似たような局面であれば、何度やっても『北』を切るであろう。ただただ虚しい限りだ、仕方がない。

 その後、2着まで5,300点の位置まで頑張ったものの、やはり競技卓での12,000点のビハインドは苦しく、結局は最下位で終了。タバコを吸い、無事にアイスコーヒーを飲み終えたことに小さな幸せを感じながら、この1局で店を後にした5月の晴れの木曜日。

2014年3月19日 (水)

春一番

2014年3月18日(火)

 横浜にも記録的な大雪を降らした冬将軍の姿は遠のき、ようやく春一番が吹いた。春の気配が漂い始めた3月の中旬。

 『元気ですかー!元気があれば何でも出来る。』

 芸人の春一番さんは元気なのだろうか。大病を患ったとテレビで拝見した記憶があるが、元気であることを願うばかり。

 小生は本業の繁忙期を終え、普通の生活に戻りつつある。春一番が吹いた火曜日の夜、横浜駅のJ店にて1ヶ月ぶりに麻雀格闘倶楽部の筐体の前に陣取った。

 選んだモードは競技卓。ここ2年くらい、競技卓を主戦とし、現在のリーグはシステムすら存じ上げない状態だ。

 1戦だけで、結果は4着。東2局でツモり四暗刻をテンパイしたのが良い思い出だ。やれやれ。


 初めて麻雀格闘倶楽部を打ったのは、今から11年前。麻雀格闘倶楽部2が登場する直前の頃であった。友人に勧められるがままにカードを購入し、あっという間の11年であった。

 当時は仕事の関係で、土日に出勤することが多かったため、友人と一緒に遊ぶ機会が少なかった。そんな状況において、一人で気ままに打つことができる麻雀格闘倶楽部は最適だった。狂ったようにゲーセンに通い、ブログを書き、時が流れていった。

 そして2014年。現在の本業は土日休み。土曜日は将棋に没頭し、日曜は草野球やリアル麻雀を楽しむ。先日は東京マラソンにも参戦し、無事に完走することもできた。今の生活に麻雀格闘倶楽部が入り込む余地は無い。11年の時の流れは、小生を変え、そして麻雀格闘倶楽部を変貌させてしまった。

 これからも喫煙所の代わりにゲーセンを利用するであろう。昔の思い出を振り返りながら闘牌を続け、このゲームの衰退を見届けたい。

2012年4月23日 (月)

丸9年

 先日、数週間ぶりにカードをかざすと、画面にて麻雀格闘倶楽部が10周年であることを知った。

 MFC1の末期から打ち続けているのだから、私は丸々9年以上の月日をこのゲームと歩んできたことになる。まったく情けない人生だ。

 私のようにMFC1から同じカードデータで打ち続けている雀士は何人くらい日本にいるのだろうか。気になるところだ。

 当分の間、このゲームで鬼打ちすることはない。カードデータが消えない程度に打つ予定ではあるが、セカンドカードのように消えてしまうことを願う自分も、頭の片隅に存在している。

 このゲームはモチベーションさえ保つことが出来れば、楽しい。しかし、人生には時間という制約がある。限られた時間をこれ以上このゲームに費やすことは難しい。

2012年3月20日 (火)

初心

3月19日(月)

 確定申告の季節が過ぎ去り、仕事は一段落といったところなのだが、忙しいことを言い訳にして溜め込んだ業務が山のようにあり、今日は軽く残業と相成った。

 職場のある渋谷から、生まれ育った横浜へ到着すると、明日が祝日ということもあり、5番街は顔を赤くして楽しそうに歩いている大人が多かった。小生は青白い顔をぶら下げて、いつものゲーセンへと入っていく。

 東風SSリーグに参戦。6戦して、


 4.2.3.2.1.4


 ダメだ、まるで気持ちが乗らない。和了しても、振り込んでも、何も感じない。最近、リアル麻雀を打つ機会が多くなったためであろう。

 元々MFCを打ち続けてきた理由の一つは、麻雀に対する感覚を維持することにあった。当時はリアル麻雀を打つ面子に恵まれず、漠然とゲーセンに通ううちにMFC2の魅力に惹かれていった。

 しかし、現在は幸運にもリアル麻雀の環境に恵まれ、MFCを打ち続ける必然性が消えてしまった。しばらくはMFCを時間調整にしか使わないであろう。

【本日の戦績】
黄珠-2個
CS-6,200

真珠累計34個
黄珠累計907個

Nec_0538


2012年3月17日 (土)

陥落後

3月上旬

 職業柄、2月下旬から3月上旬は業務に追われ、プライベートの時間が限られてしまう。当然MFCを打つ回数も少ない。

 2月10日に東風SSSに昇格を果たしたが、ほぼ闘わずして3月10日に東風SSへ陥落してしまった。当然の結果か。

 再度東風SSSを目指すべく、新たな戦いは始まっている。業務が少し落ち着いたある日、東風SSを10戦し、


 3.3.1.1.4.4.1.3.1.3


 勝率だけに目をやれば、勝率4割なのだから上出来なのであろうが、連帯率で考えれば4割しか達成していない。とにかく2着が少なすぎる。ここが今後の課題であろう。

 その数日後、仕事帰りの遅い時間に東風SSを5戦し、


 1.2.4.1.4


 序盤こそ好成績であったが、最後は華麗に飛ばされて投了。してやられた。


Nec_0534

Nec_0536


2012年3月 3日 (土)

繁忙期

2月中旬~3月上旬

 本業が書き入れ時を迎え、あと2週間は繁忙期が続く。時間の合間を見つけ細々とMFCを打ち続けているのだが、のんびりブログに書き記す気持ちの余裕が無い。まとめとして戦績だけを簡単に。

2月某日

 東風SSSを6戦して、

 1.3.1.4.3.2

 4戦目の最下位により、真龍ライフは残り2つ。その後は堅く3着・2着を拾い、18戦到達まで残り3戦。なんとか真龍クライマックスを迎えられそうだ。


2月某日

 今日も東風SSS。3戦して、

 3.3.3

 3戦とも最下位と僅差の3着。真龍を維持したい気持ちが天に通じたのであろうか。無事に真龍クライマックスに到達したことを確認して帰宅。


2月某日

 東風SSSで真龍クライマックスに挑戦。2戦して、

 2.1

 2戦目で運良く勝利を収め、4連続の転生に成功した。してやったり。これにてG4と相成った。時間が無いので気持ち良くそそくさと撤収。


2月某日

 いよいよ本業の忙しさが増し、現実逃避がしたくてゲーセンに来てしまった。寝る時間を削ってまでMFCを打つのだから、いよいよ末期症状だ。似たような症状に苦しんでいる人が多いに違いない。

 東風SSSを9戦して、

 3.2.2.2.4.3.4.2.4

 ダメだ、何もできない。忙しさは、人の心を散漫にさせるようだ。前月までは気分的に余裕を持ちながら闘牌できていたのだが、今は気持ちが空回り。無駄な放縦が多すぎる。

 9戦で3敗。真龍クライマックスまで残り9戦で1敗しかできない。かなり厳しい状況に陥ってしまった。

 また、東風SSSのポイントも伸びない。3月15日までは鬼打ちする時間が取れないため、また東風SSから這い上がろう。


3月某日

 今日も現実逃避のためにゲーセンへ。東風SSSを4戦して、

 1.4.3.4

 4戦目の最下位により、年初から維持してきた真龍から降格してしまった。無念。G4でストップ。

 これで戦意を喪失し、なんとなく競技卓に移動した。競技卓に参戦するのは何年ぶりであろうか。4戦して、

 4.1.2.4


 2戦目は運良く勝利したが、全体的に全然ダメだ。昔から競技卓では勝率が低い。

 『競技卓は実力差が出る。』などと聞いたことがあるが、それは正解であろう。私は麻雀が下手だ。次に競技卓へ参戦するのは数年後かな。さよなら競技卓。


 無事に繁忙期を終えることを祈りながら、今日も大切な一日が過ぎていく。確定申告はお早めに。

2012年2月24日 (金)

並び打ちの惨劇

2月11日(祝)晴れ

 今年の1月より、新年の記事で掲げた目標の一つであった草野球に参加させていただいている。

 小学生の頃にソフトボールをやっていたが、軟式野球は大学時代に遊びで2回ほど経験があるのみ。なかなか思うようにはいかないが、いつか試合でヒットが打てることを夢見ながら楽しんでいる。

 そのチームに誘ってくれたのは、以前このブログにも登場したK氏。中学校からの友人で、チームには他にも小学校時代の同級生がいる。毎週が同窓会のよう。

 そのK氏から野球グッズを買いに行こうとメールが来た。ありがたい。グローブ以外は何も野球グッズを持っていなかったため、S氏と3人でトレッサ横浜のスポーツ用品店へ向かうことと相成った。

 スパイク・バッグ・練習用ユニホームなどを片っ端から買い集め、格好だけは一丁前になった。ここまで買えば簡単には辞められない。末永く楽しめたらと願うばかり。

 トレッサ横浜内の中華料理屋で腹を満たし、さて次の予定がない。帰るには早い。迷った末に、近くのラウンドワン綱島店にやって来た。

 まずは4階フロアでS氏がクイズゲームに100円玉を投入。背後から観戦していると、あまりの難易度の高さに引いてしまったが、それを正解しまくるS氏の知識量に驚いた。

 さて、自分はMFCでもやるかとフロアを見回したが、どこにも見当たらない。もしやと1階フロアに出向いてみると、そこには見慣れた赤い悪魔が佇んでいた。一体この悪魔に何枚の100円玉を捧げてきたのであろうか。

 いつものようにカードをかざすと、無事に東風SSSへ昇格を果たしていた。してやったり。

 鼻息荒く東風SSSへ参戦。5戦して、


 4.3.3.2.4


 途中からK氏が右隣に座り、数年ぶりに並び打つことと相成った。MFC1の頃を思い出す。第1回皇帝杯では、お互い隣同士で10時間の鬼打ちをしたのは昔の話。

 ちなみにK氏の麻雀は、とにかく堅い。以前K氏に向かって、『お前、銀行より堅いな。』と言ったことがある。彼の四神グラフは常に北を鋭く指している。

 隣に気を取られたわけではないが、今日は久しぶりによく振り込んだ。オレオレ詐欺も真っ青だ。先月の好調は、ただ運が良かっただけだと再認識した。

 東風SSSリーグの開幕戦は、残念な惨劇から始まってしまった。

 2月10日~3月9日のリーグ戦は、職業柄あまり打ち込むことが出来ない時期であるため、鳳凰位やSSS維持に興味は無い。
 
 それよりも、新年から陥落することなく維持している真龍の座を守りたい。今日の2敗で非常に苦しい状況に陥ったが、追い込まれた局面から抜け出した時の快感を楽しもうじゃないか。望むところよ。

【本日の戦績】
真珠-2個
黄珠-1個(昇格で+1個)
CS-38,200

真珠累計32個
黄珠累計908個

240211


2012年2月22日 (水)

確認

2月上旬

 前回の記事と同様なのだが、10日の入れ替え日を待つことができず、同組トップを維持しているかどうかの確認がしたくてゲーセンに来てしまった。やれやれ、まさに病気だ。

 いつものようにカードをかざし、東風SSリーグに参戦。よかった、辛うじてトップを維持している。確認を終えたのだから、1戦で帰ればよいものを、今日は10戦も闘ってしまった。

 1.4.2.4.2.1.1.3.1.2

 初戦は快勝。その後、不用意な振り込みから最下位に沈んでしまったが、後半に巻き返すことができた。

 全体的には今日も堅く打つことに徹することができた。してやったり。

【本日の戦績】
真珠+1個
黄珠+2個
CS+55,000

真珠累計34個
黄珠累計909個


Nec_0514


より以前の記事一覧