カテゴリー「ダーツ」の14件の記事

2010年12月13日 (月)

到達

 11月下旬は業務に追われていたため、ダーツも投げることができなかった。

 12月に入り、ようやく平穏な日々を取り戻し、3週間ぶりに横浜のダーツバーA店(ダーツライブ4台)へやって来た。

 いつも対戦してくれる店員のYは、残念ながら休みとのこと。がっかりしながらカウントアップで肩慣らし。ブルが小さく見える。これもブランクの影響であろうか、500点にも届かない。

 情けない点数に下を向きつつも、3度目のカウントアップで660点。一旦席に戻り、タンカレトニックを飲みながらタバコに火を点け一服していると、一人の若者(R氏)から声をかけられた。

 「はじめまして。」

 話を聞くと、今週からインストラクターとしてダーツ指導や対戦相手をしているそうで、Rtは11~13とのこと。

 タバコを吸い終えたところで、初対戦。701-cricketのメドレーで勝負。

 初戦の701。序盤から調子良くブルに集まり、最後も上手くダブルアウト。終わってみれば107.17の快勝。してやったり。

 続くcricketは、先攻のR氏の調子が良く、序盤から厳しい状況が続く。cricketは心理作戦も大事だと言う人がいる。トリプルに入れなければ、というプレッシャーを感じれば感じるほど、ダーツは的外れな方向に飛んで行く。言い訳にしかならないが、2.25で惨敗。情けない。

 1-1で迎えたラスト。ジャンケンコークで先攻を奪取し、相手が選択したのは701。お互いブルが遠く、1ブルペースで試合は進み、最後は先攻の有利を活かし、薄氷の勝利と相成った。スタッツは71.62。

 初対戦は常に緊張するものだが、とても楽しく投げることができた。平日ということもあり、店内の客は少なかったため、この後もインストラクターのRからリベンジマッチを申し込まれた。もちろん喜んで。

 通算2戦目。701-cricketのメドレー。初戦の701は、60.8で見せ場無く惨敗。気を取り直して先攻のcricket、1ラウンド目でton80(60×3)でスタート。これだからダーツは辞められない。中盤も上手くまとめて、スタッツは4.67。

 ジャンケンコークで、またもや先攻。cricketで勝負。先程の好調が嘘のように入らず、2.60で終了。相手の不調に恵まれ、辛うじて勝つことが出来た。

 その後もリベンジマッチを受け続け、結局メドレーを4戦し、すべて接戦ではあったが4連勝と相成った。来週の木曜日に再戦することを約束し、店を後にした。

 翌日、ダーツライブのカードデータを確認すると、Rtが11に到達していた。してやったり。毎日のようにダーツを投げ込んでいた2005年の当時でも、Rt10.8が最高だったため、ダーツ歴6年目にして一番調子が良いことになる。

 半年前にスタンスを変え、2ヶ月前にグリップを微調整した結果だとすれば、喜びを隠せない。更なる高みを目指し、今後もダーツを楽しんでいこう。

【ダーツライブ:2010/12/12現在】
01:80.58
cricket:3.23

2010年11月 3日 (水)

180×3

11月3日(祝)晴れ

 文化の日。先週末は雨となってしまったが、今日は爽やかな秋晴れと相成った。窓越しに降り注ぐ陽射しが心地よい。

 コーヒーを飲みながら、普段は見られないワイドショーをぼんやりと眺め、ゆっくり時間が過ぎていく。

 いつもの身支度を済ませ、マイダーツをカバンに入れて外へ出た。風も無く、穏やかで暖かな道のり。

 横浜駅に移動し、ネットカフェP店へ到着。3時間パックでダーツコーナーへ入室した。

 およそ2週間ぶりのダーツ。まずはカウントアップで肩慣らし。10月の好調が嘘のようにブルが遠い。たった2週間、されど2週間。感覚を取り戻すために15分ほど黙々と投げ続け、ようやく600点台に届くようになった。

 さて、いよいよ”クリケット”のネット対戦。初戦から5戦連続で後攻と相成った。なんとも運が無い。しかも対戦者の多くが上位クラスであったため、序盤から追いかける苦しい展開が続き、あまり楽しくない。

 やめたやめた。タバコに火を点け、一旦休憩。タバコ税の増税を機に禁煙しようかとも考えたが、節煙程度しか出来なかった。残念無念。

 気を取り直して、お次は”501”のネット対戦。こちらは半分の確率で先攻となり、ホッと一安心。

 初戦こそボロ負けしてしまったが、その後は調子を取り戻し、最高スタッツは”35”(≒105)が飛び出した。してやったり。

 捲土重来。再びクリケットの戦場に戻り、いざ対戦。立て続けに6戦し、その対戦中に180(ton eighty)を3回出したのだが、他のナンバーの調子が悪い。とくに”19”が入らず、シングルを狙ってもすべて”3”に流れてしまう。

 アワードだけは立派であったが、スタッツは低く、勝率も悪かった。明日からまた練習だ。

【PHOENIX:通算スタッツ】
◆01:25.12
◆CRICKET:2.98

 店を出ると、時刻は15時の少し手前。そうだ、朝から何も食べていなかった。コーヒーとカルピスしか飲んでいない。何か食べようか考えながら横浜駅に戻ったのだが、吸い込まれるようにゲーセンS店に入ってしまった。やはり病気だ。

 選んだモードは東風SSリーグ。現在8人中6位。上位4人は61ptを超えており、残りの日数を考えると降格が濃厚だ。

 タバコに火を点け、温かい缶コーヒーを飲みながらの闘牌。8年前から変わらぬ己の姿。このままで良いのかどうか、自問自答を繰り返す。缶コーヒーを飲み終えたところで闘牌終了。使った銭は500円。

【戦績】
黄珠±0
累計真珠21個

 S店を出ると、時刻は16時を回ったところ。さすがに空腹を隠せなくなり、カレー屋でナポリタンを食し、買い物を済ませて帰路についた。

 横浜駅のホームで、いつもは流れていない軽快なピアノの音が聞こえてきた。どこか懐かしい。はて、この曲は?

 思い出した!この曲は、横浜市歌だ。15年ぶりに聴いた。小学校から高校まで横浜市立の学校に通っていたため、様々な行事で歌った記憶がある。

 『今はもも舟もも千舟~♪』

 この歌詞の部分が妙にコミカルで好きだった。どんな意味なのか教わった記憶もあるが、とうに忘れてしまった。

 横浜市の人口は年々増え続けている。果たして横浜市歌だと気付いた人は、どれくらいいたのだろうか。

 10代の懐かしい記憶が蘇り、なんだか嬉しい気分の”文化の日”と相成った。

2010年10月31日 (日)

台風

10月31日(日)雨

 関東地方は土曜日に台風が直撃し、嵐が過ぎ去っても台風一過とならず、雨の週末と相成った。

 月末締めの仕事に追われ、やっと迎えた週末ではあったが、外出する気分を失う恵みの雨。

 朝はコーヒーを飲みながら将棋のNHK杯をテレビ観戦。羽生三冠の差し回しに見とれながら、ゆっくりと時間が流れていく。

 午後からダーツを投げに行こうかと考えたが、身体が動かなかった。部屋で一人、昼飯を食べ、スポーツ中継を観ながら陽が暮れていく。

 一人寂しく晩飯を作り、革靴を磨いて週末が終った。なんともつまらない人生だが、まぁ自分で選んだ人生だ。これで良しとしよう。


 更新を怠っているにもかかわらず、今も閲覧を続けてくれている方々が多くいらっしゃる。ご期待に添えずに誠に申し訳ない気持ちで一杯だ。

 最近は、週に一度くらいのペースでMFCを打っている。モードは、東風SSリーグ。半荘リーグは打つことを辞め、SS→AⅠへ無条件で降格した。これでよし。

 東風リーグへ移ったのには理由がある。それは横浜S店の存在である。このゲーセンは古くから存在するのだが、MFCを導入したのは後発である。私の記憶によれば、MFC7の頃のことだった。当時は周りの店舗に比べ料金設定が高く、閑古鳥が鳴いていた。

 しかし、数ヶ月前に久しぶりに店内を覗いてみると、『ライフ10,000点になりました』との貼り紙がある。しかもネクストは20,000点~。これは面白い。試しに東風を打ってみると、100円でどれだけ長く打てるのか、自分との戦いが始まった。まるでテトリスや上海を打っているかのような感覚である。

 MFC我龍転生の内容には既に愛想を尽かしたが、横浜S店にてライフ10,000点との戦いだけが唯一の楽しみであり、無駄な振込みを回避する技術を今後も磨いていきたいところだ。

 一方、2010年から再開しているダーツは、9月から絶好調。ダーツライブのRt.が10.31まで上昇し、5年ぶりにAフライトへ返り咲いた。してやってり。

 なお、現在のスタッツは下記の通り。

【ダーツライブ】
01:76.58
CRICKET:3.09

【PHOENIX】
01:24.31
CRICKET:3.00

 年末から繁忙期に突入するが、それまではダーツと麻雀で平穏な日々を過ごすとしよう。

2010年9月20日 (月)

近況

 ブログを開設して2年半。初めて2ヶ月以上の空白期間を作ってしまった。

 今となっては当ブログを見ている人も少ないであろうが、たまに友人から、「更新しないの?」とメールを受信する。自宅PCの故障が主な原因であるが、ここまで空白を作ってしまうとは情けない。また、ブログを更新するモチベーションを失っているのも事実である。

 空白となった2ヶ月間、史上最強の猛暑の中、税理士試験を戦い、その後は6月決算の作業で苦しんでいた。9月に入ってから軽い熱中症で仕事を休み、今も体調は完治していない。

 MFCは、お盆に1日だけ東風リーグを打ち、東風S→SSリーグに昇格を果たしたが、半荘リーグは8/20~9/19の期間で4局しか打っておらず、半荘AⅠへ自動的に降格した。

 MFC1から打ち続けてきたが、鳳凰リーグが開設されたMFC7から愛着は薄れ、リゲイン杯のリーチBGMを聞いた瞬間、何かの糸が切れる音がした。

 昔はMFCを打つためだけにスケジュールを組み行動していたが、もうそれはない。今後は時間の合間に少し打つだけとなろう。

 ただ、完全に絶つことはない。7年以上も依存症のごとく打ち続けてきたゲームを辞めることは、禁煙と同じくらい厳しいのである。たまに打ち、たまにブログを更新する程度となるであろう。


 MFCへの愛着が薄れるのと反比例するかのように、ダーツに対する熱が上昇している。ダーツは2004年の正月に初めて投げ、2006年のホームショップ閉店まで狂ったように投げ込んでいた。行き付けの店が無くなるとともに、ダーツを投げる機会を失い、暇があればMFCを打つという生活になっていたのである。

 2010年に入り、昔のダーツ仲間のブログが更新されたことをきっかけにして、再びダーツを投げ始めることとなった。

 現在、ダーツライブのRt.が9.79。フェニックスのRt.が12前後。当面は、ダーツライブでRt.11を目標に投げ続けていこう。

 

 

2010年6月 4日 (金)

VERSUS

5月30日(日)晴れ

 前日の土曜日、ダーツ仲間のS氏にメールを送信した。

 『明日、一緒に投げませんか!』

 S氏との出会いは5年前。横浜J店でたまたま隣の台でダーツを投げている際に、私の友人が『対戦しませんか?』と声を掛けた。

 それをきっかけに、新横浜C店で深夜まで投げ合うダーツ仲間と相成った。第一印象は同い年くらいかなと思っていたのだが、私より6才も先輩である。

 ダーツに対する紳士的な姿勢が素晴らしく、常に憧れの存在である。出会えたことに感謝。


 日曜OKのメールを受信し、14時に集合と相成った。当日、横浜駅からP店に向かう途中で遭遇し、一緒に入店。

 機種はPhoenixのVERSUS MOVIE。まずは701で肩慣らし。1ヶ月ぶりにしては調子が良く、ブルの音が心地よい。

 しばらく2人で投げ合い、せっかくの機会ということで、ネット対戦にてダブルスの試合を申し込むことにした。

 最初は操作方法で迷ったりもしたが、無事に対戦スタート。

 とにかく楽しかった。時間の経過を忘れてしまうほど投げ込んでしまった。ダブルスのクリケットを20戦ほど続けたであろうか。

 2人でチームとして全国の猛者に挑むことができる点が、個人戦であるMFCとの最大の違いであろう。

 今まで、ダーツのネット対戦に関しては、食わず嫌いなところがあったのだが、今後ハマってしまいそうだ。

 これはMFCを卒業できるチャンスかもしれない。してやったり、となるかどうか楽しみが広がる皐月の月末。

2010年5月21日 (金)

近況

 税理士事務所は、3月の確定申告時期が忙しいことは周知されているのだが、実は5月も忙しい。

 日本は年度(4月~3月)で区切られていることが多いため、これに合わせて3月決算を選択している法人が圧倒的に多い。

 法人は、決算日から原則2ヶ月以内に確定申告をしなければならないため、税理士事務所の作業は5月に集中してしまう。

 その結果、今月末はMFCを打つ余裕が無く、ブログの更新も滞ってしまった。

 麻雀ネタが無いため、たまにはダーツの話。

 MFCと同様、ダーツもカードで戦績を記録することができる。

 5年ほど前にダーツライブという機種が導入され、専用のカードを挿して投げると、その戦績が記録され、Ratingにより自身のレベルが把握できる。

 2010年の現在では、MFCのようにネットワーク対戦が可能な機種が登場し、相手の投げる姿がモニターに映り、不正を防止する対策まで施されている。

 まだ私はネット対戦で投げたことが無いのだが、対戦終了後にモニターに向かって深々とお辞儀している若者を見ると、なんだか不思議な気分になる。

 ダーツも麻雀も、眼前の敵と対峙してこそ実力が試される。ネットが普及して便利にはなったが、アナログの良さも大切にしなければなかろう。

2010年1月11日 (月)

久々のダーツ

1月10日(日)

 年末に様々なブログを拝見していたら、昔のダーツ仲間が2年ぶりにブログを更新していた。

 最後に会ってから3年以上が経つだろうか。懐かしい気分に浸りながらブログの記事を眺めていた。

 その仲間はどうやら今でもダーツを続けているらしい。MFCに没頭してしまった私は、2006年5月のホームショップ閉鎖を機にダーツを投げなくなってしまった。

 彼のブログを一通り見終えた後、『久しぶりに一緒に投げましょう!』、とコメントを入れてみた。

 新横浜のF店にて待ち合わせ。店に到着すると、既に彼はダーツを投げていた。

 「遅いですよ~。お久しぶりです!」

 3年ぶりの再会。少しだけ昔話に花を咲かせたが、その後は以前のようにダーツで真剣勝負。ブランクというのは怖いもので、狙ったところに投げられない。昔の面影はフォームだけ。

 それでも久しぶりのダーツは楽しかった。これを機会にMFCからダーツへ鞍替えしようか。

 しかし、ダーツには難点がある。それは、料金。

 我龍転生でも料金の高騰が話題になっているが、ダーツはMFC以上に浪費する。ダーツ自体の料金も高いのだが、ダーツバーを利用してしまうと酒代が馬鹿にならない。3時間も遊べば4,000円~5,000円くらいの出費となろう。MFCと比べてしまうと割高感が否めない。

 時間的に、趣味として両立させることは難しいのだが、再会できたことを機会に、2010年はダーツも投げて行こう。

2008年12月 3日 (水)

マイダーツ部

 私の会社には100人前後の社員がいる。その多くが30才前後とあれば、麻雀を愛する者もいれば、ダーツが好きな人間も存在する。

 水曜日、通算3度目のダーツ部が開催された。総勢8人、マイダーツを持参するものから、初体験の者までが集まり、和気藹々ダーツを楽しんだ。

 個人的には、練習時に行った2度のカウントアップで、ともに600点オーバーできたことに満足だった。

 最後は、酒に酔って集中力が切れ、楽しいが狙えない状態が続いたが、これもまたダーツの醍醐味と言えよう。

 次回は、2009年の投げ初めを行うことを約束して、それぞれの帰路に着いた。

2008年11月25日 (火)

ダーツ仲間

 私は数年来、同じ床屋に通い続けている。その店は、私より少し年上の兄弟が切り盛りをしている。

 一時期、私がダーツにハマっている頃、毎回二人をダーツに誘っていると、お兄さんの方がダーツに興味を持ってくれた。

 いつしか私のダーツ熱は冷めてしまったが、お兄さんの熱は上昇していき、今も毎日のように投げているそうだ。

 先日、髪を切りに行った際、一緒にダーツを投げる約束をして、今日その約束を果たすことができた。

 昔であれば簡単に勝つことができたのであろうが、私の腕は錆付いてしまった。

 短い時間ではあったが、やはりダーツは楽しい。ダーツに出会えたことに感謝。

2008年10月15日 (水)

久しぶりのダーツ

 今日は職場の仲間と久しぶりにダーツを投げた。マイダーツを握るのは、半年ぶりになるであろうか。

 ダーツは、その人のレベルによってA、B、Cにフライト分けがされる。MFCで例えれば、Aフライトが黄龍、Bフライトが段位者、Cフライトが級位者といったところ。

 ダーツに熱狂していた三年前は、小生もAフライトであったが、その腕も錆付いたものだ。現在は投げていないこともあり、Bフライトに甘んじている。

 今日の出だしは調子が良く、カウントアップで650点overを記録した。ハットトリックも飛び出し、久しぶりの快感である。

 しかし、調子が良いのも始めだけ。疲れとともにダーツが飛ばなくなる。

 弓道をやっていた友人が同じことを言っていたが、昔は思いどおりの軌跡で飛んでいた矢が、自分の意図した方向に飛ばなくなると面白くなくなってしまう。それがダーツの欠点でもあり、長所でもある。

 MFCでも、舌打ちや台パンチをしている人がいるが、ダーツでも同じ。皆、舌打ちをしながら投げ込んでいる。

 今日は男四人でシングルとダブルスを楽しんだ。ダーツの理想を追求するのもいいが、楽しむことが一番大切であり、とても有意義な一日であった。

 これを機にダーツを復活してみるか。MFCとの兼ね合いを考えると、二兎を追うものは一兎をも得ず。難しい問題だ。

より以前の記事一覧