カテゴリー「将棋」の2件の記事

2011年2月20日 (日)

悪夢再び

2月19日(土)曇り

 いよいよ確定申告の季節がやってきた。小さな税理士事務所に勤めている者としては、胃が痛くなる日々が続く。

 所得税の確定申告書は、原則として2月16日~3月15日までに提出しなければならない。1ヶ月間の死闘になるのだが、何故2月は28日までなのだろうか。毎年がうるう年なら助かるのだが、早く来い来いオリンピックよ。


 さて、前回の記事でカードを取り忘れたことを記載したが、まだ新しいカードへは移行していない。セカンドカードも期限切れでデータを失い、赤台の前へ行っても打てないことになっている。作戦通りこのまま卒業できるであろうか。

 しかし、街でタバコが吸いたくなると自然にゲーセンへと足が向いてしまい、MFCのデータを失った現在、天下一将棋会が小生のオアシスとなっている。

 先週、旧セカンドカードで新たに登録し、難なく初段まで到達した。

 天下一将棋会1の頃と違い、2からリーグ戦が創設された。このver.upはMFC1→2と酷似している。

 今から8年前。MFC1に夢中になっていたある日、ゲーセンに行くとMFC2が導入されていた。それまでは全国対戦(=現在の段位別東風)のみであったところに、東風及び半荘リーグが創設され、これを機に小生の人生はMFC中心の生活へと変貌してしまったのである。

 週の前半から麻雀に精を出し、週末はAⅠ(=当時の最高峰)維持ptが出るまで鬼打ちをする。飲み会の予定を鬱陶しく感じるほどMFCを打ち込んでいた。

 あれから8年。MFCは原形を失い、すべてが虚しく感じてしまう。そんな最中に小生の前に現れたのが天下一将棋会2である。

 8年前の悪夢が蘇る。

 しばらくはタバコを吸いたくなる度に天下一将棋会2を指すことになろう。もし最高峰のA級リーグに到達したならば、また生活が一変してしまうのであろうか。

2011年1月22日 (土)

不慮

1月22日(土)

 仕事が一段落し、特段プライベートの用事も入っていない。なんとも平穏な土曜日の朝。

 少し遅めに目を覚まし、朝食・部屋の掃除・風呂を済ませても正午前。ぼんやりテレビを眺めていると、冬の函館の景色が飛び込んできた。

 函館には2度訪問したことがある。1度目の訪問の際、函館駅前にバルセロナという小さなゲーセンがあり、店舗登録をしたことがある。私の記憶が確かならば、あの頃はMFC4だった。しかし、2度目に訪れたときには、残念ながら閉店しており、無性に寂しい気持ちになったことを思い出す。

 たかがゲーセンの麻雀ゲームなのだが、8年もの年月を一緒に過ごしてくると思い出も多く、切っても切れない関係になってしまった。

 午後になり、買い物でもしようかと家を出た。外は冬の青空が広がっている。今年に入ってから傘を差した記憶が無い。駅前のコンビニで金を引き出し、いつもの電車に乗り込んだ。

 一通りの買い物を済ませ、一服しようと街を徘徊していたのだが、どこも喫茶店は混雑している。こうなると足が勝手にゲーセンへと向かってしまう。私にとって憩いの喫煙所だ。

 まずは麻雀格闘倶楽部のシマへと向かったのだが、相変わらず料金体系は高水準のまま。パチンコで言うところのシメシメルックだ。田山さんが泣いている。

 返す刀で背後の天下一将棋会の画面を眺める。将棋も趣味の一つではあるが、普段はハンゲームで指しており、ゲーセンでは打たないことにしていたのだが、どうしてもタバコが吸いたかったため、缶コーヒーを片手に腰を下ろした。

 いつもの赤いカードを差し込み、天下一将棋会を初体験。タバコに火を点けると、棋力判定なるものが始まった。12秒の秒読みに追われ、1問だけ間違えてしまった。情けない。肩を落としながら対局開始。

 初戦、2戦目とも危なげなく勝利を収め、3戦目も相穴熊から長手数を制することができた。

 どうやら3勝すると無料でネクストゲームになるらしい。それならばと続行したのだが、そこで小さな事故が起きた。6八の地点が上手く反応しない。選択した駒を6八の地点に置こうとしたところ、考えられない箇所に駒が着地し、序盤で敗北が決定してしまった。なんとも納得できぬ敗戦ではあったが、ネクスト2クレの文字を見て、席を立った。

 店を出ると、すでに陽は落ちており、街はネオンで光っていた。いつもの電車で最寄り駅に着いた頃、ようやく違和感があることに気が付いた。

 定期入れの分厚さが、いつもより薄い。そうだ、例のあの赤いカードが入っていない。

 麻雀格闘倶楽部では、最新作よりカードをかざすだけでよいため、読み取らせたらすぐに定期入れに仕舞っていたのだが、天下一将棋会はカードを挿入したまま対局する。いつもの癖が仇となってしまった。無念。

 カード情報は新しいカードに移行することができるようだが、面倒臭い。神が、麻雀格闘倶楽部なんて辞めちまえ、と言っているかのようだ。さて困った。辞めるきっかけとしては、丁度良いのかもしれない。しばらく考えてみることとしよう。